携帯ショップ

「ワン・チャンス」を観る。

イギリスの人気オーディション番組での優勝をきっかけに世界的オペラ歌手となったシンガー、ポール・ポッツの波瀾万丈の半生を映画化した感動の音楽伝記ドラマ。何度も挫折を重ねた冴えない男が、夢への情熱と周囲の支えで、ついに最後のチャンスを掴み取るまでの一発逆転の道のりを、ペーソスとユーモアを織り交ぜ心温まるタッチで描き出す。

本人を知っているので、より楽しめました。

誰にでも公平にチャンスがある訳ではありません。

その少ないチャンスをものにするには。

やっぱり一歩踏み出す勇気。

一生携帯ショップの店員なのか、世界的シンガーになるのか。

少しでも可能性があるのならチャレンジするべきですね。

監督ならではの脚色も面白い作品でした。

広告を非表示にする