7/13 メル画

 商品が雑然と並ぶ適当な店にある商品を遅刻しながら選ぶ夢を見た。しっかり覚えられてないとき特有の夢の描写だな。遅刻も商品選びもよくある夢だし、いつも見る夢だからまるで覚えられていない。あと学生設定で何か夢があったはずなんだがこっちは欠片も思い出せない。学生設定もよくある夢だしな。でも、逆に、まったくパターンにない夢だと、強烈に覚えているか取っ掛かりがなくてまったく覚えてないかのどちらかなんだよな。今日はほとんど熟睡してたと言ってもいいんだけど、ほんの少しだけ目覚めた瞬間があったことも覚えてるし、そこで夢が流出しているのかもしれない。

 おれは常々交ぜ書きはやめろと言っているんだが、今日ニュースを見ていたら、普段はまるで見ない場所に鋼の錬金術師という名前があったのでチラ見してしまった。当然実写化映画の話題だ、で生地のさわりを読むと「朴ろ美」と書いてある、なんだこの表示は? オタク的に「朴ろ美」表記はいいのか? いわゆる草なぎ剛パターンか、とも思ったけどこの漢字はへんは何でつくりは何みたいな記述がなかった。どうなっているんだろう。人名の一部がひらがなにされるって悲しさがある、ファンですらないおれがそうなのだからファンはもっと悲しいのではないか。あとなんか富山が富山の会社の偉いひとによって差別されてるニュースを読んだ、まあそれはいいけど、、閉鎖的な人間はダメという考えがダメだろう、どういう理屈なんだ? 開放的な人間じゃないと能力が低いというのあらおれには労働する力が足りてないってことだから生活保護を支給してください。正直な話、富山にだってパリピぐらいはいそうなもんだけどな。

 街の方に出かけて、新竪でロシアの本を、ガレージでソビエトとロシアの本を買った、ロシア尽くしのようだが実際それを狙っていったので当然の結果だ。ちなみに時間が余ったので本店にも寄ったけどそこでは何も目新しいものがなかったので、そのまま帰った。帰宅して掃除をして、パンとコーヒーを揃えて座ったら、その瞬間目の前を元気に飛び回る蚊の姿が。あのやろう、殺してやる!! 昨日消滅してしまったフリーソフトの代替品を触ってるけどあんまり分からない、おれはフリーソフトを飛び回る鳥さ、それしか能がないんだ。テレビのニュースではスメルハラスメントでスメハラとか言ってたけどこれマジですかね。ハラスメントなんですか?? 嫌がらせしてるわけじゃないじゃん、生理現象だし。生理現象を捕まえてスメルハラスメントでスメハラみたいな無礼な言い回しが可能ならブスハラもいけてしまうじゃん、生まれ持ったものはしょうがないだろう。匂いに気をつけろというのも知ったことではない話で、ブスなんだから化粧ぐらいしろと言い放つほど失礼な物言いだと思うが、どうなんだ。そういう観点から言えば、スメハラって言うことがハラスメントで、スメハラハ\xA5

蕕犬磴鵝\xA3

 ところで昨日発売日のまんが雑誌が今日も届かないのでステータス見たら発送すらかかってないのでAmazonとメチャクチャ揉めたんですけど、それはもうしょうがないので感想は今日の日記で書きます。それでは少年ガンガンの感想。『FINAL FANTASY LOST STRANGER』、うーんさすがに「スクエニ社員がFFの世界に入った」というスクエニ雑誌の作品を正当に評価することは厳しい。私生活で呪文の名前とか言います? 展開は予測不能だったけども。『とある魔術の禁書目録』、どちらにつくんだという展開はありつつもほぼ日常回、しかも主人公がいないので女だらけ。ロシアの女の子に過大な期待が寄せられてる気がする!! 『無能なナナ』、デスノート系だけど胸クソの悪さがすごい、前回のネクロマンサーとのやり合いはまだ勧善懲悪的なニュアンスもあったけど、今回は完全にアリバイを作るためだけに無関係の人間を殺してるし。まあガラス戸の閉まる方向がカギかな。『梅衣堂ひよと旦那様の野望』、誰だよ的なツッコミは良かったが割とシリアス回。というか下書き状態だな、下書きで掲載位置が高いというのもよく分からんが。後この作品ってもともとワイド

四コマじゃなかった? かなり崩れている。『不徳のギルド』、スパッツの良さがどれだけ伝わるかにすべてがかかっているかのようなエロ枠だ、股ぐらからなんか出てますよね? ヒュ〜と思った。メイジマッシャーのくだりでメチャクチャ笑った。『俺杖P』、成人男性が裸の幼い女の子としばらく抱き合うシーンからスタートするエグいエロ枠。ツッコミが成人女性で本当に良いですね。しかし根暗っぽい主人公の顔のまま完璧な振り付けを異世界でするノリは面白い。『戦×恋』、エグいエロ枠連発だ、スクエニが落としにかかってる。しかも痴漢の試練ってなんだよ、しかもそのお膳立てを女同士でやるとは!? 一応敵の新キャラが出てきたけど目立たんぐらいエロがすごかった。『今日のケルベロス』、エグいエロ枠さん連発の後だとピュアなラブコメに見えるからすごい。一応今回もエロいシーンあるんだけどな。オルトロスも人格変わる話、性格も髪の色も違う。敵の出現を挟んでその性格を紹介する流れで、何か冷酷な一部分が垣間見える。『英雄教室』、魔王編こないだで終わりかと思ったらまだ続きあった、本来の人格との決着だ。力は強いが父の愛であっさり揺らぐところは

良い、ドラゴンと同じで負ければ友達らしいところもさっぱりしている。『はっぴぃヱンド。』、ホラーを一旦離れて謎解きが始まったが、現状では材料が不足しているため再度ホラーな日常に戻っていく、そしてあるキャラの存在どころか家まで消えてるという流れ。家消えるって何なんだろうな。異次元的だ。『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』、交換日記をする、確かにフリップしか使えない男にはちょうどいいやり方だ。敬具かかしこかの洗濯も良かったけど、プロテインたっぷり入れたクリームパンで爆笑した、お前はそれ食えんのかよ。『Im 〜イム〜』、主人公が内的対話状態に。敵同士の争いも外側で見られる中、真の名を呼ばれて覚醒という感じだが確かに使う魔法が異常に強力なのでなにか違和感ありそう。『魔女の下僕と魔王のツノ』、相変わらず魔王の城。魔王とその敵とその両方の敵(主人公サイド)という三すくみの状態なのでかなりドンパチやってるがそんな中でも口移しを忘れないこころよ。最後の勘違いが良い、これが次号にどうつながるかだな。『異能メイズ』、主人公の記憶力最近は使われてなかったから忘れてたな。映像にヒントを得て時計の仕掛けを解く

主人公と残されたひとたち、犯人はほぼひとりしかいなかったのでどちらかというとその過去に焦点が当てられているか。最後はすげーびっくりした。『俺の彼女に何かようかい』、妖怪コロッケウケる。大事なことを話すか話さないかという流れを、実体験をもって決着する流れが微笑ましかった。後半は勘違いが見事に決まっていてゲラゲラ笑った。『ながされて藍蘭島』、これも最近ほとんど使われていなかった分身術の話。結局のところ分身をすると能力も割り算されるという話だったが、一応エロいものを提供するハートは残っているのがすごい。体験として全部残るのはかなり強いのでは? 『ちちとこ』、バレンタインデーの話。思いに反して女に混じってチョコを湯煎する男、確かに切ないかもしれない。砂場の思い出からドーナツの流れは本当にウマいがケッと思うというのも分かる。『生きてますか? 本田くん』、どっちかが残る展開だとは思ったんだが主人公が引き受けるとは思わなかった、なんとなくタイトル回収してるな〜。一方主人公と同じ名前の成人女性が登場、まあ普通に考えれば家族か。『BLACK BOARD』、拷問シーン、さすがにレイプはなかったな、あの状態な

らレイプだと思ったんだけど。一方男は男で過去の回想が入る、復習のために顔を変えたということで、ここから一気に終わりに向かって進んでいるように見える。『グッドモーニング・ベートーヴェン』、うーんこの末尾の三作品の位置よ……。いよいよ四人と他多数の戦いという流れ、基準点がどうのって言うの漫才のコンクールとかでもよく目にする理論だよね。それを説明してからなので一番手のアツさがよく伝わってきていていい。主人公が元所属と袂を分かっているのでどっちが勝つかわからないのも面白いな。以上です。

広告を非表示にする