〓気づき

●自分の心を信じることから、全ては始まります

2017-08-06

(老子の人生論)

参考記事:老子の言葉 第四章「人の心は武器を制します」

http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/054371c67f340e52e68605e31c887217

老子の人生論」第四章

http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/c/f73d5777c0e23045f36ca82b282b6cde

(1)人間は自分の心が持つ、無限の大きさを知らない。

すべてを生み出す無限の力を、自分の心が持つことを知りません。

自分の心は無力だと思い込むのは止めましょう。

(2)人間は他を恐れ、争いで自分が滅ぶことを、いつの時代の人でも恐れます。

でも、争いのほこ先を丸く変えることが出来るのは、自分の心だけなのです。

(3)人の心こそは、未知なる存在であり、神様をも生んだその親であるらしい。

【感想】

老子の原文では、私が「心」と解釈した文字は「道」となっています。

・道=生き方=人生

とも言えます。

そうしますと、

*人の生き方こそは、無限の道が在る。

*自分の生き方で、争いも丸く収めることが出来る。

*人の生き方が、神秘を生み出す。

このように、より人生に近い視点に解釈も可能です。

でも、この項の全体は、

・宇宙的な巨大なモノ。

・神々をも生んだ、その先に居る存在。

について言及していますから、「人の生き方」よりも、「人が持つ心の神秘」についての話と解釈します。

この項は老子が、

・君たちは、自分の心の巨大さが分かっているのかね?

・まさか、自分の心は小さいものだと思って、最初から諦めていないかい?

・人の心には、宇宙でも入るのだ。

・人の心=宇宙、では無い。

・宇宙よりも巨大であり、宇宙をも呑み込んでしまう巨大さが人の心なのだ。

まさに、いつも金銭や、他人の悪口や、色情で悩む自分の心が、このような巨大な存在だと人は思っても見ません。

でも、本当に巨大だからこそ、人の心は小さな事(生〈性〉・老・病・死)にも真剣に遊んでいるとも言えそうです。

コノ世で成功したければ、幸福に成りたければ、

・他人に幸福を探さずに、他人に幸福を期待せずに、

・自分の心の無限さと神秘に気付くことが、一番の近道。

だとも解釈が出来ます。

もっと自分の心を信じて、頑張って見ましょう。

自分の心に住む巨大な存在が、自分という自我(ワレヨシ心)に乗って、共に人生を遊びに来ているのが今です。

もっと気楽に、伸び伸びと、生きて見ましょう。

※多くの広島原爆の被災者たちのご冥福をお祈り致します。

※東北・関東は、大地の揺れを注意。

※九州・西日本は、台風により異常豪雨と強風に注意。

■明日は、最新の宇宙物理学を掲載します。

Pleiades.の髭男

広告を非表示にする